排水管詰り及びトイレの詰り・カメラ調査

排水管詰りまたはトイレの詰り

私たちは家庭や事務所、または工場などで様々用途で水を使用しています。
水は台所・洗濯場・洗面所・風呂・トイレといった機器などで使用され、使用された水は汚水として、配管を通り下水道、浄化槽(合併)へと排水されます。これらの優れた排水設備も、管理が不十分であると悪臭の発生・排水管のつまり・排水不良・逆勾配による汚水の逆流・衛生害虫の発生など多くの障害をもたらしてしまいます。

弊社では、高圧洗浄車・カメラなどを用いて管洗浄を行い、障害の発生防止に努めています。

 

特定建築物とは

建築物における衛生的環境の確保に関する法律による特定建築物(とくていけんちくぶつ)は、特定用途に利用される部分の面積が、3000m2以上(学校教育法第1条に規定する学校の場合は8000m2以上)の建築物と定義されている。
維持管理権原者は、衛生的・快適に使用できるよう、建築物環境衛生管理基準に従って維持管理を行い、建築物環境衛生管理技術者を選任し監督させ、その基準に適合させるための意見を尊重する義務がある。また、特定建築物でない建築物においても、多数の者が使用・利用するものについては同様の管理を行うよう努めなければならないとされている。

 

排水管洗浄作業

  • 排水管洗浄作業前
  • 排水管洗浄作業前
  • 排水管作業中
  • 排水管作業後
  • 排水管作業後

 

トイレ詰り除去作業

  • トイレ詰り除去作業
  • 作業中
  • 作業後

 

 トイレ詰り価格表

 基本料金 作業料金
ローポンプ 尿石除去剤
小便器

¥5,000(税別)

****

¥1,000(税別)

大便器

¥5,000(税別)

¥4,000(税別)

****

※上記の作業で抜けない場合、高圧洗浄車回送またはワイヤーを使用する場合があります。その場合は別途料金がかかります。詳細や見積依頼が必要な方は弊社に一度ご相談ください。

 

排水管カメラ調査

トイレや台所・浴室・洗濯・洗面台の排水は床下などの普段生活ではあまり見ることのないところにパイプで配管が組まれています。特に気にせず生活しているのが普通ですが、誤ってトイレからボールペン、財布、手鏡、携帯電話などを流してしまい排水管が詰まってしまうなど、トラブルが発生します。

パイプの中は直接目で見られる訳ではないので、そういった異物がどの位置にどのようにしてあるのか等を調査するために配管の中にカメラを挿入して、映像として見るのがこのカメラ調査です。調査はお任せください。

※詳細や見積依頼が必要な場合は弊社に一度ご相談ください。

t010000102875 ken2201a

 

 

 

 

 

お問い合わせボタン