グリストラップ清掃・維持管理

グリストラップ清掃・維持管理業務

グリストラップとは、レストランやホテル、食堂、​給食センターなどの全ての業務用厨房から排出される汚水は直接、​公共の下水に排水するのではなく浄化槽の阻集器で浄化してから排​出することが義務付けられています。
【水質汚濁防止法:1970年法律第138号 施行1971年】
この阻集器のことを廃食油(グリス)をせき止める(トラップ)​ことから『グリストラップ』と呼ばれています。
飲食店・給食センターなどすべての営業用調理施設には、​油脂等分離する阻集器・​グリストラップの設置が事実上義務付けとなりました。
【下水道法第12条/給排水設備基準HASS-206-0976​】

廃棄物は一般廃棄物と産業廃棄物に分けられ、​グリストラップのヘドロは産業廃棄物に該当しますので是非、​産業廃棄物の収集運搬許可業者の淡路清掃へご依頼ください。
定期的にグリストラップの清掃を行い、​汚れたまま放置しないようにしましょう。

 

  • グリストラップ 清掃前
  • グリストラップ 清掃中
  • グリストラップ 清掃中
  • グリストラップ 清掃後

 

お問い合わせボタン