貯水槽(受水槽・高置水槽)の清掃

貯水槽(受水槽・高置水槽)の清掃

皆さんが普段使っている水の通り道に、貯水槽(受水槽・高置水槽)は付いてますか?

貯水槽とは、高いビルや大きな建物などで、水をたくさん使う場合に、前もって水を溜めておく
ために設置されている水槽のことで、建物の横や屋上などに付いているのを、よく目にすることと思います。

このような飲み水用の貯水槽には、必ず「管理責任者」がいます。貯水槽使用開始時に、保健所に届け出る決まりになっているのです。 一度貯水槽に入った水は、水道局の管理を離れてしまいます。 そこで貯水槽の管理に不備があって、その水を口にした人が健康を害した場合に、その責任の所在を明確にするためです。

管理責任者の仕事とは、毎月1回以上の施設点検、日々の水の状態観察(におい、濁り、味など)、週1回の残留塩素測定、年に1回以上の貯水槽内部清掃消毒作業及び水道法水質基準についての水質検査、そして受水槽の有効容量が10トン以上の場合は『簡易専用水道』にあたりますので、厚生労働大臣が指定する検査機関で施設の法定検査を受けなければなりません。(検査機関については、お近くの保健所へお問い合わせ下さい。)

上に書かれた様な管理を行っていれば、安全で衛生的な水を飲むことができます。しかし、実際にすべてを欠かさず行っているかどうかは分かりません。
もし、貯水槽の管理を一切やらなかったらどうでしょう。 貯水槽内に細菌が発生したり、貯水槽内が錆びてきて、赤水が出たりするでしょう。
そのようなことが無いように、日々の管理を心がけて下さい。

貯水槽の管理の中に、貯水槽内の清掃消毒がありますが、飲み水を入れておく水槽ですから、素人が槽内に入って設備をこわしてしまったり、細菌を持ち込んでしまうと大変なことになります。
そこで、専門の資格を持った貯水槽清掃業者に依頼するのが一般的です。

  • 貯水槽
  • 清掃前
  • 清掃中
  • 清掃後

ビルやマンションなどは、水の管理は建物の所有者が管理することになっています。貯水槽の管理に不備がある場合は、赤い水が出たり、水の味や臭いの異常が起こり健康を害する恐れがあります。
今一度貯水槽の管理を弊社で見直しませんか?

お問い合わせボタン